M字ハゲ育毛剤ならコレ!【生え際の後退を改善する方法】

M字ハゲにはDHTを抑制する育毛剤

M字ハゲは男性型脱毛症の典型的な症状。男性ホルモンが前頭部の多く存在する5αリダクターゼと結合してDHTに変換されます。DHTは通常の男性ホルモンより作用が強く、毛母細胞の働きを弱めてしまいます。

生え際育毛剤 http://www.sreis.org/

M字ハゲは前頭部の毛乳頭に存在する2型5αリダクターゼの分布量、男性ホルモンレセプターの感受性などが原因です。5αリダクターゼの分布量は人より異なります。人によっては頭頂部に集中し、つむじ周辺が集中的に薄くなります。これら男性の脱毛症対策にはDHTを抑制する育毛剤を使用するのがおすすめです。

一般的にDHTの抑制には「フィナステリド」が有名です。日本ではプロペシアが有名です。プロぺしは医師によって処方される医薬品です。5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

最近では副作用のないM字ハゲ育毛剤も販売されています。5αリダクターゼを阻害する働きのある成分を配合した濃密育毛剤です。育毛剤とサプリがセットになったタイプが増え、体の内側と外側から育毛にアプローチします。

M字ハゲにおすすめ育毛剤 BEST3

順位 商品名 金額 商品詳細

950点
育毛剤BUBKA
12,600円
120ml
3返金保証付き
オウゴンエキスでDHT対策
5αリダクターゼを阻害するオウゴンエキスを配合した育毛剤。さらに褐藻成分M-034で頭皮の血行を促進して毛母細胞を活性化。
口コミへ

804点
薬用プランテル
7,800円
150ml
返金保証付き
ヒオウギエキスで抜け毛抑制
ビワ葉エキス、ヒオウギエキスが5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を抑制。さらに10種類の植物成分が毛根を活性化します。
口コミへ

752点
リバイボゲン
10,800円
180ml
返金保証付き
DHTを抑制するアメリカ製育毛剤
ソウパルメットやブドウエキスで抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害。DHTの発生を抑えてくれます。敏感肌の方にはおすすめしません。
口コミへ

M字ハゲに濃密育毛剤BUBKAを勧める理由

DHTを抑制する成分を配合
M字ハゲ対策にDHTを抑制する必要があります。育毛剤BUBKAには「オウゴンエキス」が配合されています。オウゴンエキスは5αリダクターゼを阻害することでDHTの生成を抑えてくれます。 さらに育毛剤BUBKAにはブブカサプリもついています。サプリにもDHTの生成を抑制する「ノコギリヤシ」を配合。体の中と外から抜け毛を抑制します。
褐藻エキスで毛根を活性化
育毛剤BUBKAの有効成分「M-034」にはさまざまな育毛作用があります。頭皮の血管を拡張して血流を改善し、栄養をしっかり毛乳頭に送ります。さらに髪の毛をささえる外毛根鞘細胞を増殖させることで抜け毛を防止。そして保湿作用で頭皮を柔らかくして頭皮環境を改善します。
32種類の育毛成分を配合
濃密育毛剤BUBKAには32種類もの育毛成分を配合。有効成分であるM-034の他に血行を促進する「センブリエキス」「ニンジンエキス」や頭皮を保湿する「ゴボウエキス」「ローマカミツレエキス」、炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」「ボタンエキス」なども配合。頭皮環境を改善して毛母細胞の活性化を促します。

育毛剤BUBKA 商品詳細

ブブカは32種類の育毛成分を配合した濃密育毛剤。褐藻エキスM-034が退行誘導因子を抑制して抜け毛を防止。さらに頭皮の血行を促進することで毛母細胞を活性化して毛髪の成長を促します。


価格・送料 12,600円 送料無料
内容量 120ml
返金保証 満足できなければ購入日から30日間であれば返金保証付き
有効成分 褐藻エキスM-034、センブリエキス、オウゴンエキスなど

育毛と毛母細胞の活性化

M字ハゲは2型5αリダクターゼと男性ホルモンによって生成されるDHTを抑制する必要があります。
育毛剤ブブカに含まれる「オウゴンエキス」、ブブカサプリの「ノコギリヤシ」、「亜鉛」は5αリダクターゼの働きを抑制し、DHTの生成を抑えてくれます。





育毛剤ブブカを使用することでDHTを抑制し、血行を促進すること抜け毛を改善し、
育毛を促進します。


それから大事なのが「栄養」です。
栄養をシッカリ摂ることが髪の毛の成長には欠かせません。


まずは「アミノ酸」です。
髪の毛はケラチンというタンパク質から作られています。このケラチンはアミノ酸で出来ています。
タンパク質の元になるアミノ酸は20種類あります。ただこのうちの9種類は体内で合成できないため、食事から取る必要があります。


髪の毛の成長に必要なアミノ酸は
お肉、卵、牛乳、牡蠣、大豆、ジャガイモ、小麦タンパクなどに含まれています。


それから「ビタミン」も必要です。
特にビタミンB2とB6は髪の毛の成長に欠かせません。
レバー、牛乳、大豆などに含まれています。


これらの栄養分をシッカリ摂ることで髪の毛は成長します。


それから「血行促進」も非常に大切です。
育毛剤の使用だけでなく、体全体の血行を良くすることが大切です。


一番は有酸素運動です。
肺に空気をシッカリ取り込む事が血流改善に一番効果的です。
ジョギングがおすすめです。ただ最初はランニングから始めることをおすすめします。


他にはしっかりした睡眠も大事です。
睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌が少なくなり、髪の毛によくありません。
またストレスにもなり、血行不良の原因となります。7時間の睡眠確保が最適です。


禁煙も大事です。
ニコチンは血管を収縮します。またビタミンCを破壊し、男性ホルモンを増やす原因になります。
ストレス解消したいのはわかりますが、薄毛対策には非常にマイナスの習慣です。


男性用育毛剤の売れ筋ランキング、悩み別、返金保証付きの育毛剤などを比較しています。

M字ハゲとフィナステリド

M字ハゲ対策で使われるのがフィナステリドを配合したプロペシアです。プロペシアは皮膚科などの医師による処方が必要な飲み薬です。5αリダクターゼを阻害する効果が強く、DHTの生成をしっかり抑えます。プロペシアは1錠250円です。更に診察料などが別に必要になります。初診料や診察料は病院によって異なります。1日1錠飲み続けます。



前頭部や頭頂部の毛根には2型5αリダクターゼが存在します。5αリダクターゼの量は遺伝によって決定します。5αリダクターゼの量が多いほどDHTに変化しやすくなります。他にも男性ホルモンレセプターの感受性も遺伝に関係しています。DHTが男性ホルモンレセプターと結合することで毛母細胞の働きは弱くなってきます。

髪の毛のヘアサイクルは通常5年ほどあります。生え際の抜け毛に悩む男性の毛周期 は1~2年しかありません。通常の毛周期の半分以下なので、産毛率が増えてしまいます。一度抜けると3~4ヶ月ほど経てばまた生えてきますが、産毛や細い毛のまま抜け落ちてしまいます。

DHTが男性ホルモンレセプターと結合することで脱毛物質が生成され、毛根が萎縮して毛母細胞の活動が抑制されます。M字ハゲの進行を止める為にはDHTの生成を止める事が重要になります。そこでフィナステリドの出番です。5αリダクターゼを阻害することで、M字ハゲの進行を食い止めます。植物性やノコギリヤシなどにも5αリダクターゼを阻害する作用はありますが、フィナステリド程の効果はありません。1年で58%の方が効果を実感しています。

ただフィナステリドは効果が強い分、副作用の恐れもあります。結果的にホルモンをいじることになるので、服用された5%前後の方が男性機能の低下を感じているようです。